塾ログ@拓杜in中能登

石川県の金沢市・白山市・かほく市など幅広く活動する個人指導塾拓杜(中能登町)のブログです。学習や進路に役立つ情報を紹介します(^^)

勉強合宿二日目~一部ではなく全部を体感~

f:id:takutostudy:20181229220307j:plain

二日目を迎える勉強合宿inハートランドヒルズ志賀町も、ラストスパートです。全員、気力や体力の限界一歩手前で学習を行っています。このままでの概算では高校生が20時間、中学生17時間がトータルの学習時間になるでしょう。二泊三日の勉強としてはまずまずです。今年も塾としてラストイベント、高校3年生たちとも最後だなと思うと感慨もひとしおです。

今日の献立

体温アップの具だくさんピリ辛うどん

お昼

ピリ辛うどんのスープをリメイクした焼きそばwith目玉焼き

肉野菜炒め二種

晩御飯

カレーライス

唐揚げ

サラダ

 

朝7:00には食事スタートで勉強開始

俗にいう午前様の就寝も多いメンバーでしたが、7:00には大半が起きてしっかりご飯を食べて勉強に取り組んでいました。中には、まだ学校に行く生徒もいたので、中抜けして送迎です。指定した時間通りに行動できていたので、全員安心して行動を見守ることが出来ました。

 

ちらほらと見え始める疲労の色

日ごろの90分や120分だけの塾学習とは違い、ずっと同じ場所で、いろんな人と勉強をすることは気を張る作業です。すでに日付も一日超えてくると、いろいろな疲労を体が訴えるようになります。私もさすがに、誰よりも遅く寝て、早く起きるスタイルで睡眠足らず、少し仮眠をとったくらいです。

 

支えてくれたのは多くの方の善意

今年は私だけでなく、生徒も疲労の色をかくせない状況でしたが、さしいれのお菓子には全員が助けられています。身体に入れるものは入れて、仲間と話し、気分転換して再度勉強へと向かいます。この光景は、わが生徒ながら感心しました。さぼらない、やめようとしないことは非常に評価しています。

 

中学生の言葉

今回参加してもらった中学3年生も、夏合宿とはかわって、すごく集中して勉強に取り組むことが出来ました。

もう少し自主的にお手伝いあると言うことないですが、まだそこまでには余裕がなかったようです(^-^)

でも生徒たちなりの改善は顕著で、今回の感想や前回との違いなどを聞くと、塾の先輩たちと勉強していることが大きいようです。いつもは90分や120分という一日の一部しか見かけない先輩が、どのように勉強して、どのくらい勉強しているか、全体を同じ場にいるからわかるし同じように勉強できたというコメントをもらいました。

 

最後は慣れた高校3年生と

最後の晩御飯は、私の甘えでしたが、ずっと私が企画するイベントに参加し続けてくれた高校3年生に手伝いを求めました。どの子も中学3年生の時に初参加してくれたメンバーばかりで、当時はどうしていいか分からず壁の花になっていました。合宿やイベントに参加する前夜には「行きたくない!」と泣いていた子もいたので、それが今じゃ心強いアシスタントです。

 

生徒同士で伝えあい・つなげていくもの

みんなで作り上げた晩御飯を、後輩たちに振る舞い、一緒に食べます。そのあと、男子の3年たちには後輩へ、作業の伝達もしてもらいました。次回からは彼らが誰かの先輩になります。昨日は後輩に指示をためらい、自分たちでこなしてしまうという姿をみせていましたが、しっかりと最後には伝えてくれました。後輩メンバーには、来年に期待したいと思います。

 

平成最後の勉強合宿も間もなく終わる

勉強合宿の二日目の様子について、個人指導塾拓杜の谷加が状況を紹介しました。来年は、また新しいメンバーとイベントは続けていきます。この数日だけで、数件のご家庭から塾やイベントの問い合わせがありました。そう思うと2010年から塾を初めて、来年の3月で10年目に突入する当塾も続けてきた甲斐があります。

 

来年も個人指導塾拓杜は、中能登の地域より地元から提携塾、他県の皆様にサービスを提供していくつもりです。来年もよろしくお願いします!