塾ログ@拓杜in中能登

石川県の金沢市・白山市・かほく市など幅広く活動する個人指導塾拓杜(中能登町)のブログです。学習や進路に役立つ情報を紹介します(^^)

塾を始めた原点に戻ってみる~新しい10年~

2月に入り、高校受験を目前に控えて中学生も忙しなくなり、大学受験に取り組んでいる生徒たちも終盤になってきました。私事ですが、ずっと見てきた甥もとりあえず大学生でずっと望んでいたエリアにいけることが確定、私もいよいよ新境地を迎えることになりました。

f:id:takutostudy:20200214200153j:plain

 

いきなり結婚相手を紹介される

私の置かれている状況が少しずつ変化していると感じていましたが、とうとう生徒たちが社会人としてもおおきな節目を迎えていたり、世の中でも警察官や看護師、医療関係の中でも活躍する立場にいると知ると、私もいつの間にか大きな時間を過ごしてきたんだなと感じます。

 

「おひさしぶりです」

そういって、あるご家庭では、現在教えている生徒で少し年の離れた兄(こちらも元教え子)が、いきなり結婚する旨を報告してくれました。しかも、お嫁さんもつれて、、、学校の先生ならあるある光景かもですが、塾や家庭教師としては珍しい部類の光景で鳥肌たつほどうれしかったです。

 

8年見てきた生徒が大学合格

集中力がなさ過ぎて、あまりにも勉強についていけず、小学5年生からみてきた生徒(甥)が大学という場所に行けることになりました。活字への苦手感、長々説明すると寝るか不機嫌になるという、勉強嫌いの典型的な男の子。

 

教えるというより、習慣を身に着けること、マナーを身に着けること、周りをみて物をいうこと、勉強の土台で必要なことを叱り続けた日々でした。まだまだ不安要旨は尽きないのですが、進学とは縁遠いと思われていた周りの期待を反対に裏切り進学です。

合格という言葉を見聞きしても、私がまだ実感していません(笑)

 

10年前塾を開いた目標を達成

最低でも姪や甥が、卒業するまでは塾を続ける!そういって塾を開いたのが、2010年の3月でした。当初はカテキョも兼業だったので、集客を甘く考えていました。説明会もチラシなど配っていないので、想像よりかなり少ない来賓数で情けなかったことを覚えています。

正直、こんな塾に人がくるのか?そんな不安と闘いながら、地元の人や私をしる人たちが尽力してくれたおかげで、今日まで続けることが出来ました。

 

姪も大学を卒業して社会人、もっとも手を焼いた甥も県外で一人暮らし、そのための課外勉強や体験もさんざんやってきたし、送り出すことに異論はなく。

 

さて、私はどうすれば?

 

無理を少しやめてみる

該当するご家庭の方にはかなりお怒りを買ったかもしれませんが、塾として他の生徒に影響のかかる場合には塾そのものをお断りしたり、別の時間やサービスを提案するようにしました。

いままでは、全部「自分が」と取り組んできましたが、少しだけ新しいことに取り組ませていただくことを選びしました。

 

すっごく無理をして、中途半端な結果を続けるより、塾として期待が持てること、得意とすることをふんだんに生かしていく道を考えるようになりました。

得意なネット戦略できめ細かい添削を今春スタート

ここ最近も少しご紹介していましたが、塾は本来の通塾指導を見直し、ネットはネットできめ細かい手作り感満載の添削指導を強化することにしました。

いままでは無条件で受け入れもしていましたが、ここ数年の成果より点数アップの効果が高い指導と併用するスタイルで行います。

塾で理解力チェックとカリキュラムをもらいつつ、自宅で課題提出の細かい添削と質問が受けられる形を、金沢市田上のスイッチオン塾と、金沢市問屋町の桜鳴塾とスクラムを組んで頑張ることにしました。

 

新しい10年を、これまでの結果に慢心せず初心にもどって取り組みたいと思います。春からのスタートダッシュ講座も、対応中です。新受験生の方、新中高生の方も気軽にお申し付けください。小さな塾ですが、体験レッスンからよろしくお願いします。