塾ログ@拓杜in中能登

石川県の金沢市・白山市・かほく市など幅広く活動する個人指導塾拓杜(中能登町)のブログです。学習や進路に役立つ情報を紹介します(^^)

拓杜の夏は課外イベント~でもバタバタ~

f:id:takutostudy:20180723211514j:plain

最近はエアコンなしでは生きていけないほど、エアコン依存の日々を過ごしております。皆様、いかがお過ごしでしょうか?ありがたいことに生徒たちは元気よく、中能登町にある当塾へ通ってくれます。ネット塾の中高生たちもメンバー増となり、LINEを駆使する指導が増えました。教室長を新たに行っている小松市安宅のアドバンスゼミナールの仕事もありますが、良い意味・悪い意味の両方で、塾長がゆったりされてるので助かっています(笑)

今回は夏休みといえば恒例の拓杜イベントについて紹介します。ちょっとバタバタです。

小松市安宅の塾ご挨拶ブログはこちら

advanceseminar.xyz

 あと10日したら関西見学ツアー

お陰様で、ずっと続けている高校生対象の大学見学ツアーに今年もでかけます。今までと雰囲気が違い、今年に入った高校3年生や浪人メンバーもいる新パターンの見学ツアーです。ネット塾生も多く参加しているので、打ち合わせもこれまでにみたいに教室では行えません。当塾でネット指導に活用しているズームが活躍しています。まさか、こんな風に生徒同士がテレビ電話するとは思いませんでした。

 

プランニングの取り組みで学力がわかる

当塾の見学ツアーは、生徒にプランニングとディスカッションしてグループ毎のコースを決めてもらっています。今年も例外ではありません。プランニングというのは普段やらないことですので、こじつけかも知れませんが、受験やテスト時における生徒たちの思考法を垣間見ることができる貴重なシチュエーションです。本人たちが頑張っているつもり、努力しているつもりでも、何か得点や結果に結びつかない理由というものがあるはずです。こういう不慣れなときに、それぞれがどういうスタンスで取り組むかを見ると、いろいろな長所や短所が全員から見受けられます。今回も初参加の生徒数名が、点数がとれないか原因がよくわかりました。

 

なぜか脳トレ全国大会(いずれは)も同日程に

昨年の受験時期に仲良くなった大阪の学習塾・クスタニ塾と、そのお仲間である戸倉塾さんとの合同イベントである脳トレ全国大会(いずれは)を開催します。個人指導塾拓杜は連れていく人数が限られているのですが、両塾では代表選抜の大会まで行います。じっさいのところ、うちの生徒たちは大学見学よりも脳トレで無様な負け方をするのでは?というプレッシャーが大きいかもしれません。

 

大学見学ツアー後には勉強合宿in志賀町

いろいろプレッシャーが大きいのですが、今年も勉強合宿で読解講座を仕切らせていただきます。見学ツアーと同じくらい大事に続けている勉強合宿に、提携塾から賛同を頂くようになりました。意欲ある高校受験生たちの力になるように、主催塾として精いっぱいの指導を行って、意義ある勉強ができたと各塾の生徒さんに感じていただけたら幸いです。今年も志賀町にあるハートランドヒルズさんで、笑いあり、努力ありの勉強イベントにするつもりです。もちろん全員協力での自炊や清掃の自立行動もやっていただきます。

 

個人的に始めた試み「点数アップのためのノート作り」

 

最近、高校生の上級コースを見ていただいてるN先生やY先生と、勉強や指導について意見交換を数多くこなすようになりました。アイデアマンのH先生にも触発されて、自分でもアイデアや情報を実行に移すペースが速くなりました。その一環として、生徒たちのノートについて改めて目を向けることにしました。ちゃんとした勉強ノートは、点数アップや成績アップの宝箱や~(ちょっと古いか。。。)というくらい大事なものです。でも、現在の高校生たちのノートで、いちおうキレイだけど、これで記憶に残るの?って疑問に思うものが多くなっていました。

 

f:id:takutostudy:20180723214330j:plain

効率よく数学が分かるためには、わかりやすくレイアウトを定めた書き方を指導して戴ているN先生の意見を参考に、「点数アップのためのノート作り」を実行することに決めました。さっそく100均で必要な材料も買い込んできました。あとは実践!

 

バタバタだけど最後までやり遂げてみる

今回は本当にざっくりですが、夏休みに中能登の塾・個人指導塾拓杜が取り組むことについて紹介しました。例年実施していることも多いですが、取り組むメンバーが変わるので、これで大丈夫ということはありません。私自身も、今回は経験者が少なく、初心者ばかりの県外イベントにバタバタで焦っています。今夜もリーダーたちと話し合ったのですが、私たち経験者がオタオタするとよいことはありません。

今までの経験と、メンバーたちの意欲を信じて最後まで突き進む夏休みでありたいと思います。