個人指導塾 拓杜 の舞台裏

石川県鹿島郡中能登町にある学習塾です。指導の裏側、教室には現れない部分の描写を通して個人指導塾拓杜の雰囲気を感じていただければ幸いです(^^)

先入観が邪魔する選択肢

時々、近所のお手伝いでパソコン作業をする時があります。そういう時に、普段では知るはずもない情報が入る時があります。 

 
今回も貴重な情報をいただきました。特に、塾という立場にある私ですら反省しなくてはいけない情報です。 高校受験で軽視されがちな七尾東雲高校が、甘くみてはいけない学校だという内容でした。
 
 七尾東雲高校は、この辺りの実業高校が全て合わさった高校として知られています。当初は受験倍率がすごいことになり、中学校の先生たちの努力の賜物か願書の変更期間でキレイに1倍に揃った時が今でも記憶に残っています。 それ以降は派手に倍率オーバーということもなく、どことなく点数が悪いから東雲に行くという声も少なくありません。しかし、そういう考えは改める必要が出てくるでしょう。 
 
例えば、この辺りの実業高校といえば羽咋工業がありますが、羽咋工業から七尾東雲に赴任する先生も増え、電子情報に関する指導技術も向上していることが伺えます。 今回特に注目したいのは、演劇コースの学習指導に関することです。言わずと知れた中島から移ってきた演劇コースですが、それを学ぶために県外から来ている生徒がいるということに注目すべきです。
 
その子達の学力は、七尾高校や羽咋高校でもヒケを取らない子達がいるとのことです。 そして指導に関しても、少人数のため、ほぼマンツーマンに近い状況で授業が行われているということです。授業密度だけを考えたら、周辺の高校で敵うところは少ないと言えるでしょう。

今までの傾向やテストの点数にこだわる進路指導も改善しなくてはいけないと、私自身が感じてしまいました。
 
 そういう部分がアピール出来るようであれば、七尾東雲はもっと注目されても良い学校と言えるはずです。今日の情報でしみじみ思いました。