塾ログ@拓杜in中能登

石川県の金沢市・白山市・かほく市など幅広く活動する個人指導塾拓杜(中能登町)のブログです。学習や進路に役立つ情報を紹介します(^^)

【大学受験の第一歩】夏休みを活用してオープンキャンパス参加

f:id:takutostudy:20190726202627j:plain

中能登町のオンライン&子別指導の「たくと」です。今年も夏休みが始まり、当塾も従来メンバーに加えて、新しい仲間たちが勉強に汗を流しています。(ときおり冷や汗かかせてるかもしれませんが)せっかくの夏休み、時間を活用して普段と違う取り組みをする当塾について少しご紹介します。

 

 

今年は名古屋方面で大学見学

大学受験を意識してほしい高校生たち、そんな生徒たちに私は大学見学を提案しています。ここ数年は関西ばかりでしたが、今年は名古屋に足を運ぶことにしました。私にとっても初の夏イベントで、準備をしつつも緊張しております。私にとっても、生徒にとっても良いチャンスになることを願うばかりです。

 

オープンキャンパスって何がいいの?

生徒や保護者様に質問されることが多いポイントですが、オープンキャンパスは一種のお祭りですが、大学という設備や環境を味わえる貴重な体験です。受験は点数ばかりに目が行きがちですが、そこに4年間暮らすという認識も保つ必要があります。そういう視点で大学を吟味することは地味に重要です。

 

大学生のパワーを体感してほしい

私が考える良い大学は、オープンキャンパスのスタッフである学生から判断することができます。自主的に参加している学生も多く、私達の大学をみて!という熱意にあふれている学生ばかりの大学は、まばゆい光のような明るさ、力強さを感じます。たまに、「やらされている感」たっぷりの大学も目にしますが、そういうところはテンションが低く暗い印象をもってしまうことも珍しくありません。

 

受験生ではなくても行ってほしい

私は受験を控えてから大学見てきますという保護者様にはNGを出しています。早いうちに大学をみて、具体的なイメージをもって家族一丸で意識することこそ、効果的な大学受験の対策はありません。

まだ目標がない、文系や理系がわからないというお子様、保護者様こそ、いろいろな学部があるマンモス大学を覗いてきてほしいです。早期の場合には、どの大学を見ても損になることはなく、時間や機会があるなら是非、足を運ぶべきでしょう。

その見学が頑張るきっかけとなる可能性も大いにあります。

 

受験生には貴重な情報や過去問ゲットも

オープンキャンパスには受験を取り仕切る担当や、現役学生によるQ&Aコーナーがあります。そこに行くと、どうしても合格したい学生がどう勉強すべきか、どの学科なら入りやすいかなど踏み込んだ質問も可能です。

通常であれば、購入しなければいけない過去問も無料で配布しているケースがほとんどです。食事やドリンク、ちょっとしたバッグなどもお土産状態です(笑)

行って得られるものは、有形、無形に関係なく少なくありません(^o^)

 

行きたい場所には誰よりも詳しく!

私が生徒に言うことですが、行きたい場所や大学があるのであれば、誰よりも詳しい情報を集めるべきです。いきたいクセに状況任せ、他人まかせである受験生や、口だけ「難関大志望の高校生」には私は厳しいと断言できます。(そのせいで退塾やクレームあるんですけどね(笑))

でも、どの分野でも同じですよね。いきたいもの、手に入れたいものがあるとして、それが早いものがちだったらどうしましょう?

時間が許す限り。努力や手を打つのではありませんか?

 

まとめ

今回は中能登町の個人指導塾拓杜が、大学受験に取り入れてほしいオープンキャンパス参加について紹介しました。漠然と頑張るより、具体的なイメージをもって頑張る人は強いです。そんな生徒さん、苦手に向き合って新しいことをチャレンジしようとする保護者様を当塾は応援いたします。

今年も熱くなりそうですが、一緒に頑張らせてください。