塾ログ@拓杜in中能登

石川県の金沢市・白山市・かほく市など幅広く活動する個人指導塾拓杜(中能登町)のブログです。学習や進路に役立つ情報を紹介します(^^)

マトリックスを活用して受験勉強を効率化〜ドラゴン桜2のあの方法を紹介〜

f:id:takutostudy:20181106171811j:image

11月に入り、中学3年生も高校3年生も緊張感が漂うようになりました。中能登の個人指導塾拓杜では、塾長である私、谷加の檄が飛ぶようになりました。これからは残り少ない時間を有効にして、勉強に取り組む必要があります。今回が、残りの時間で何をすれば良いか?に着目し、あの有名漫画の方法をご紹介します。

 

 

 

やっているつもりで伸びない受験生が多い

 私が数学の添削指導をして頂いているN先生の常套句ともいえる「頑張っている受験生の悲劇」というものがあります。その受験生なりに頑張っているけど、その時間や労力は実際の問題を解くポイントからはずれていて、点数や合格に結びつかない。だけど、本人はかたくなに信じて、その非効率な勉強に取り組む、、、その結果は、、、、、。

これは大げさな言い分ではなく、受験に携わる仕事をしている方であれば、「あるあるケース」と言えます。

私たちに必要なことは、いま生徒たちが頑張っている労力を正しいことに向けることです。そのためにオススメの方法が「受験マトリックス」です。

 

 

受験やビジネス界からも熱い視線「受験マトリックス」

ドラマや韓流でも取り上げられた受験漫画「ドラゴン桜」は、私がブログでよく触れるネタです。こりかたまっている概念をなくして、純粋に点を取ることに向き合う姿勢は見習うべきことが多いです。

どんなに言葉できれいに並べても、受験は点を取って意味があるものです。合格させないと後悔するものです。だからこそ、効率よくポイントに踏み込んでいくドラゴン桜のやり方は興味深い。

 

今回取り上げるのは、ドラゴン桜2で出てくる「受験マトリックス」です。模試やテストなどの結果を分析し、優先順位を決めてピンポイントに潰していくスタイルはビジネスでも役立つと活用する人が多いです。

 

詳しい説明や活用法はコチラ↓↓

mitanorifusa.com

 

拓杜の生徒たちも実践中の「受験マトリックス」

受験勉強に取り組む生徒が多い個人指導塾拓杜でも、点数に伸び悩む生徒がいます。

そのため、漠然と時間とエネルギーを浪費させないために、表を作成して勉強させています。↓

f:id:takutostudy:20181106171845j:image

表自体もシンプルですし、付箋をつかって勉強によって項目をスライドさせていくだけです。全てができるという項目に入ったら、別の模試やチェックテストの結果をもとにマトリックスを改めて作成していけば、新しい取り組みに入れます。

 

受験マトリックスを使うとどうなるか?

じっさいに当塾で「受験マトリックス」を使って勉強する生徒の声を聞くと

  • 分析や仕分けしないで勉強していた
  • 苦手を苦手と認識していなかった
  • 時間の使い方が違うはずのことなる問題点を同レベルで考えていた

いままでの不調の原因を、具体的にポイントをおさえることが出来たという感想が多いです。

ただ、がむしゃらに勉強時間だけが過ぎる勉強をしているより、成果の方も短時間で現れるのは間違いありません。

また、苦手やわかっていない項目には共通点があり、一つがクリアされると、自然と他も解決される場合も多いです。

最近伸び悩んでいるという学生・保護者の皆さま、よかったら試してみませんか?

気合や勢いだけではなく具体性を

今回は中能登の塾・個人指導塾拓杜が受験生にオススメの方法「受験マトリックス」についてご紹介しました。

心穏やかに取り組めない学習が受験勉強です。個人指導塾拓杜は、お子様の勉強を効率よいものにするサポートにこだわりを持っています。受験までのお手伝いやアドバイスを当塾にお任せください。

ご質問・ご相談お待ちしております・