塾ログ@拓杜in中能登

石川県の金沢市・白山市・かほく市など幅広く活動する個人指導塾拓杜(中能登町)のブログです。学習や進路に役立つ情報を紹介します(^^)

石川県への帰路に物思う

友だち追加

f:id:takutostudy:20180806114150j:plain

今年も無事に大学見学を終えて、石川に向けて帰路の途中です。少しはご褒美タイムも必要とアウトレットでお買い物タイムです。少々、疲れが出ている私はドリンク片手にダラダラしています。今回も、いろいろドタバタあり、叱りありでしたが、生徒以外にも私にも得ることが多い関西でした。特に脳トレ!リベンジを誓う結果になりました。

 

体感40度超え、汗が滴る中で大学見学

今回は浪人生、現役受験生、高校1,2年生、おまけにネット塾割合も多く、普段顔をあわさないメンバー同士での見学ツアーでした、そのため、いつもより統率は難しく、バタバタしました。それでも居場所通知アプリやLINEの活用で、主要な大学をめぐりました。生徒たちそれぞれが、大学を目の当たりにしたインパクト。自分たちのプランと現状との誤差に思うところあったと思います。それが個人指導塾拓杜の狙いです。計画というものは思うようにいかない。それでもリスクを軽減するために、出来る限りを想定し、情報収集せねばいけない。今回は、それを怠った数名に厳しく注意しました。

 

戸倉塾・クスタニ塾との脳トレ対戦

今回初のイベントとなった脳トレ対決は、クスタニ塾ホームグラウンドの川北会館にて行われました。クスタニ塾の皆さまの歓待がうれしく、生徒たちはかき氷や果物に舌鼓を打っていました。なんといっても、クスタニ塾・戸倉塾さんの生徒たちの人懐こさが石川県の小学生・中学生とは雰囲気違うよね?とウチの生徒たちから話が出たほどです。

そういう初めて会うグループの空気が感じられないアットホームな中、脳トレ大会は始まりました、今回は3塾で扱っている共通の教具「ブロックヘッド」と「ブロックス」によるものでした。

 

アーテック (Artec) アーテックブロック ブロックヘッド ローズピンク 64ピース 076773

アーテック (Artec) アーテックブロック ブロックヘッド ローズピンク 64ピース 076773

 

 

 

ブロックス BJV44

ブロックス BJV44

 

塾長同士の事前会議でもアイデア構想

今回は、私、谷加が脳トレ大会のしきりと司会を担当させていただきました。つたない司会で恥ずかしいことも多いですが、なんとか終始はでなトラブルなく乗り切ることが出来ました。クスタニ塾・戸倉塾さんともLINEで事前にみんなが楽しめることをポイントに打ち合わせを続けてきました。遠くからくる私たちを気遣って、クスタニ塾・戸倉塾さんには本当にご迷惑をかけたと思います。

 

ところ変われば同じ脳トレも別物

結論を述べてしまうと、今回はクスタニ塾さんの圧勝でした(笑)うちも何とか急遽、関西に来ていた小学生に頼み込んできてもらった助っ人が団体戦で華々しく勝利をもぎ取ってくれました。そのため面目躍如はできました。ありがとう!H君とお母さん

それ以降の団体戦は、いつもと違う空気での脳トレに圧倒されたウチの高校生たちが押されまくって、勝ちに至ることはかないませんでした。個人戦は、普段対戦しないメンバーとチャレンジを促し、時には保護者様、塾長を交えて楽しい脳トレイベントになったと思います。途中、悪乗りした司会の私により、各塾長さんにはご迷惑をおかけしました。

 

普段声を発しない脳トレを当たり前だった生徒たち

今回ですごい「気づき」があったのは、ほかの塾さんの脳トレ対決って、相手の戦略や妨害が口で出てることが意外でした。複数で対決するときにも元気な女の子が「自分のためだけに打ってたらアカンよ~」と言いながら、ほかの塾生たちにも特定の場所で打つように声掛けしてくるのが新鮮でした。うちは考えるゲームで無言が多かったのですが、相手からの選択肢をとるかとらないかもメンタルに影響するので面白いなと思いました。

警戒していたすごい子がいた!

実は個人指導塾拓杜の生徒たちは、クスタニ塾のフェイスブックで恐ろしい速さで対戦をしていた生徒の存在を知っていました。だから私も含め、すごくびくびくしていたのですが、その子は卒業していないと聞いていたので安心していたのですが、そのすごい子と互角の対決をしていた対戦相手がいることを当日になって知りました(笑)

クスタニ先生、それを先に言って~(笑)

団体戦のエース対決や個人戦でも注目していましたが、落ち着いて淡々と相手を封じる戦略には凄いスキルと経験値を感じました。複数タイプの対戦になるとけん制されすぎて結果でないのは強者の悲劇ですね。でも、私や私の塾生には、すごい参考になりました。

 

見学ツアーは施設と同じくらい人で学ぶことが多い

 毎年、見学ツアーを行っています。毎年、同じ関西ですが、引率する私が飽きないのはいろいろな出会いが多いことに尽きます。もちろん大学や住むところの設備は重要です。それ以外にも魅力的な人に多く出会える場所であることが、私の心には大きいです。まだまだ相談段階ですが、クスタニ塾・戸倉塾さんとも、脳トレ以外にも勉強など合同でやれること。協力できることはやっていきたいと思っています。そんなことを運転しながら考える関西見学ツアー2018でした。