塾ログ@拓杜in中能登

石川県の金沢市・白山市・かほく市など幅広く活動する個人指導塾拓杜(中能登町)のブログです。学習や進路に役立つ情報を紹介します(^^)

1人暮らしにまつわる思い出

f:id:takutostudy:20180322120004j:image

先日、当塾を卒業して3年になる大学生からTOEICに関する相談がありました。元気でやっている様子も微笑ましく、大事な相談だと頼ってくれることにもニンマリしてしまいます。この生徒は金大で1人暮らししながら、キャンパスライフをエンジョイ中です。私は私立でしたが、同じく金沢で1人暮らしをしていました。

 

 

引っ越しする日にパチンコ

同じ石川県ないでの引っ越しでしたし、事前に数回にわたって家電の配送も組み立てベッドの設営も終わっていました。明日から1人暮らしというメインの引っ越し日は、父母と3人で少しの荷物とともに金沢に向かっていました。なぜか、その途中に人生初のパチンコを両親と並んですることになったことを覚えています。

 

人見知り・生真面目の私への気配り

今でこそ、ある程度のトークスキルやコミュニケーションは問題ありませんが、私は強い人見知りでした。俗にいうコミュ障に近いタイプだったと思います。そのため、親はある程度の飲む・打つくらいは経験させておこうと思ったようです。たしなみ程度にお酒、話題についていけるようにパチンコという親なりの気配りであったことを感謝しています。当時は⁇ばかりで、今になると実は大事なんだとつくづく痛感しています。

 

無駄トークが楽しかった日々

学生時代には勉強も貴重な経験でしたし、友達とのフィールドワークも人生の宝と呼べるくらい学びや気づきの連発でした。友達とサボってパチンコに行ったことも、朝まで大家さんや友人とウイスキー飲み続け、3日酔いで休んだことも、あほなことばかりです。その時に話したことは新鮮で教科書には載らないけれど、私が今までやって来たことにとっては、大きなポイントになりました。生徒たちにも、地味な部分にこそ面白いこと隠れてるよと話をします。

 

時間が一番貴重

学生時代には、調理関連のバイトを多くこなしていました。小さい時から祖母の手伝いで調理経験が長かったからです。母が忙しく、たまたま手伝い程度にやったことがベタ褒めされて以来の料理習慣です。それが今でもイベント時に役立つスキルにもなっています。時間をかけてやっていることは絶対に、未来では大きな武器になるでしょう。だからチャンスがあることは、なんでもやってみること・続けてみることがおすすめです。

 

生徒たちにいうこと「時間はつくる」

大人でもゼロではありませんが、「時間があったらやります」というのは大きなデメリットになるかもという話を生徒たちにはしつこく言います。何か目的がある以上は「時間があるかないか」というより「時間を作ってやる気持ち」の方がダントツで重要です。人まかせ、時まかせの努力は周りがみていても好ましくないですしね。

 

1人暮らしで時間の流れは変わると知った

バイト時代に何度も先輩方に言われました。「10代って若いし、時間があるし羨ましい!」「20歳になると時間が経つの早いぞ。」と

当時は、この人ら何言ってんだろ?という風にしか思えませんでした。

成人式二回やれる年齢を超えてしまうと、時計壊れてるんじゃねと感じるほど、時間も日付も進みます。

先輩たちの言葉は事実でした。

 

これから1人暮らし始める方へ

新生活のスタートおめでとうございます。真新しい家具や家電、雑貨に囲まれる暮らしが始まりました。

仕事や生活以外の出来事も、すごく新鮮で楽しいと思います。これまで触れることがなかった時間も意識してみてください。きっと新しい、貴重な発見に出会えますよ。私もパチンコから学ぶことが始まりました^_^