読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人指導塾 拓杜 の舞台裏

石川県鹿島郡中能登町にある学習塾です。塾長の指導時間以外の一面を知ってもらうことで、個人指導塾 たくとの空気みたいなものを感じ取ってもらえると嬉しいです。

sponsored

いれごろおとしごろ 油断禁物

昨日は、石川県高校入試の倍率が発表されました。

 

数日の猶予期間と、変更期間を経て来週に倍率は確定します。

 

テレビ金沢さんで掲載されている倍率は

平成29年度石川県公立高校入試出願状況-KTKテレビ金沢
http://www.tvkanazawa.co.jp/info/nyushi170221.html

となっています。

 

能登エリアで考えると、七尾・羽咋に注目が集まるところですが、両校とも20人以上オーバー。

大抵は鵬学園特待や、それに準ずる私立高校合格という保証を得ての勝負受験になることから大きな移動は難しいと思います。

 

あと羽咋工業、田鶴浜が前年より高めの倍率となっています。倍率が低めの他のコース、他の学校という選択肢ですが、同系統の学校がない能登エリアなので動くに動けないというのが本音ではないでしょうか?

 

当塾は今年も普通科の高校志望ばかりですが、昨夜は受験生1人を叱り飛ばしました。

 

一ヶ月前の模試で、志望校でオーバーしている人数を超す順位であったことで、合格すると慢心していたからです。

 

その根拠となる結果やデータは一ヶ月前のもの。

 

一ヶ月もあれば、人は伸びます。なおかつ勝負であとがないと結果を追うものと、自分より下だと信じたい後続組に追われるもの、正直受験で「え?あの人が!」と噂される人は、後者であることが多いです。

 

ゴルフでの言葉らしいですが、普段なんでもない距離ほど、大事な場面で失敗しやすい「入れごろ落としごろ」という表現があります。

 

昨夜叱った生徒もそうですが、あと2週間悔いのない受験勉強を切に願っております。