個人指導塾 拓杜 の舞台裏

石川県鹿島郡中能登町にある学習塾です。指導の裏側、教室には現れない部分の描写を通して個人指導塾拓杜の雰囲気を感じていただければ幸いです(^^)

指導だけでなく目線もスイッチ

昨日突然、今春卒業したOGからLINEが

 

なんかあったのかなと思って見ると、まだ在籍している弟君の受験を心配する問い合わせでした( ^∀^)

 

なんだかんだ言い合ってても家族だなとホッコリしました^_^

 

大学生活を不安にさせない約束をして、弟をシゴき倒すと宣言して久々のLINEを終えました。

 

やっぱり私は受験を意識するシーズンだと燃えるタイプです。

 

最近は学習サポートが主体の当塾も、過去問や実戦問題重視の解説指導に切り替えました。

 

生徒たちも、いつもと違いスピーディーなテンポに喜んでくれます。そのため積極的に英語やりたい、数学やりたいとリクエストが多いです。

 

まあ、ソウシンには悪いですが( ^∀^)、やっぱりウチが一番しっくりきます。動線が自分用に設定してありますし

 

私が会話を振らない限り、私語のない静かな学習タイム、親や学校にも相談できない夢や目標に関する相談をしてくれる生徒たち、この空気が現在の私が理想とする環境です。こういう場所の方が生徒とちゃんと話したり、周りの子達も無意識に情報を入れることができるので、私の指導スタイルには重宝しています。

 

私は子供たちとの立ち位置を、極力、親御さんや学校の先生方と、子供たち、私とで三つどもえになるよう意識しています。といっても、塾の先生って、皆さん同じだと思いますが。ただ立ち位置の高さだけは、すごく慎重にコントロールしています。時には友達ライクな同じ高さ、時には指導者、アドバイザーの一面でスイッチする塾の先生でありたいです。桜鳴塾の野村先生奥様には見抜かれてましたね。私が意識する立ち位置^_^さすが女性の細かい観察眼にはかないません。

 

多少は居心地よく感じる笑いもないと、子供たちが夢や目標を気軽に言えなくなる。だからバカ話も流行りネタも指導に混ぜてやります。

 

受験も現実的な話ばかりしていても、子供は学習を窮屈なものとしか考えられなくなるし、進路を見出すのに苦労する。だから、体験ツアーを増やし、環境のスゴさや楽しそうな学生さんを見てイメージを膨らませてもらいます。時には、受験でのサクセスストーリーを話して、自分でもやれるかもという期待を感じてもらうことも大事です。20年という経験と体験談、その時の指導法というトークネタは、私の最大の武器と言えるでしょう。

 

まずはやりたいものを、頑張りたいものを見据える、それからが地味に大事です。

 

今年の受験生は大半が、長いこと塾で多くの経験を共にした高3メンバーです。だから細かい心配はしていません。その高3の背中から、後輩たちが何を学び取ってくれるか、それが私が見どころとしているところです。

 

寒くなってきたけど、バリバリやるぞ!