読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人指導塾 拓杜 の舞台裏

石川県鹿島郡中能登町にある学習塾です。指導の裏側、教室には現れない部分の描写を通して個人指導塾拓杜の雰囲気を感じていただければ幸いです(^^)

楽しい古文授業

夏休みは普段違うことも行っています。

 

今回は「ソウシン」の出張指導で、久々に古文授業をしました。タクトはまだなんですけどね〜?→吉本先生

 

私の愛読書と言っても過言ではないドラゴン桜で痛感するのは、イメージがわからないから古文がわからないという生徒は多いです。

 

わからないまま文法だけ教えこまされているという錯覚が、更に古文嫌いを引き起こします。

 

しかし、ソウシン吉本塾長に笑顔で「今年は読解講座アピールしたんで!」と任されてしまい…

 

  こうなると、私も後には引けません。どうせやるなら、面白おかしくインパクトあるようにこだわります。

 

 

今日行ったのは、平家物語で有名な扇の的です。中2の教科書で採用されているので、第一回でやるにはちょうど良い良文です。当時の文化的なメンタルや戦の作法、現代のシチュエーションに置き換えたときの解説、弓道競技の距離と当時の的までの距離など具体的なイメージできる説明をトコトン行った上で音読、解説授業をしてみました。

 

文法は後回しで流す程度。

 

 

古文が全然わからない、中2で習ったけど、何の話かわからなかったのにという生徒でしたがイメージ出来たそうです。流し気味の文法すらキッチリ答えることができ、隠れたメッセージみたいなものも解答出来ていました。大成功!

 

ソウシンだけで終わらせるの悔しいので、自塾に戻ってここでも元弓道部の生徒に古文講座を交えて、読解のコツについて指導をしてみました。

 

いつも以上に頭に入って来やすいという感想をもらえました。これ、いけるな^ - ^

 

イメージ化を強化する読解講座は今夏は活躍しそうです。