個人指導塾 拓杜 の舞台裏

石川県鹿島郡中能登町にある学習塾です。指導の裏側、教室には現れない部分の描写を通して個人指導塾拓杜の雰囲気を感じていただければ幸いです(^^)

具体的に言って欲しいのがご家庭の気持ち

先日、お世話になっているご家庭から電話をいただきました。

 
お母様「先生、通知簿渡しに言ってきました。」
私「はい」
お母様「ずっと苦手な数学なんですけどね〜」
私(もしかして、悪かったのかな(ーー;))
お母様「この間の実力テスト、数学が一番良かったそうです!今までは一体、何だったんでしょう?」
私「あ〜、そうでしたか!」
 
一瞬ドキドキした電話でしたが、今まで家庭教師にお願いしたり、他塾を利用していたことがある生徒さんでしたが、思うほどの成果が出ず当塾に移ってきた経緯があります。
 
ちょうど先日の実力テスト前に、受験向けの数学指導と、学習分析に基づいた対策が機能してきたようです。
 
授業態度もよく、学校課題プラスαを積極的に行う頑張り屋なので結果を出して自信をつけさせてあげたいと思っていました。私も、まだまだ人間的に未熟なのか、チャレンジをする子には、あれもこれもとサポートしたくなりますから笑
 
この間も金沢にあるスイッチ・オン塾の杉原先生と話していたことでもあります。本人が頑張っているつもりでも周りの人から見ればムダな努力と言われてしまう作業に終わっていることって多いです。
 
杉原先生も、似たようなケースに出会い、ストレートに初見と点数に伸び悩む原因について推測を生徒さんにぶつけたそうです。生徒さんが強烈なアハ体験をしたとか^ ^
 
結局のところ、私たち塾の先生は、ストレートに言ってあげることが大事だと思います。何がダメで点数が伸びないのか。どうすれば点数アップするのか。
 
当塾に通うお子様のお母様から頂く言葉で「傾向とか平均点とかは学校は説明してくれる。でも具体的なことを学校の先生が話してくれない。この塾はどうしたら良いかストレートに言ってくれるから助かる。」というものが頻繁にあります。
 
数をこなしている子でも、丁寧さが見られず見直しがない。更に答え写しているだけで時間だけが経過している「作業」を「勉強」と誤解している塾生も残念ながらいます。そういう子に、具体的な手順を教えてレベルアップにつなげるのが当塾のやり方です。
 
受験時期には倍率状況を判断し、本人のメンタルを考慮して勝負するようハッキリ言うようにしています。わからないから「塾」に来ていると頼られているなら、自分の理屈にこだわらず納得いただける指導にこだわりたいと思います。